治療方針

小児歯科


~小さいころから歯医者さんに慣れてみよう!~

予防歯科のコラムでも取り上げましたが、何よりも予防が大切!
虫歯がなくてもあかちゃんの時から歯医者さんに通っていただくと、
その後大人になっても健康な歯を保つことができます。

大人も歯医者、あるいは病院に行くのは少し不安な時がありますよね。今日は何をされるのかな、先生はどんな感じかな、今日は痛いことするかな、等々。子供はそれ以上のストレスを感じているかもしれません。ですから私たちは最初から子供たちが怖がってしまうような治療はしません。お母さんの中には”早く治してあげて“と思おう方もいらっしゃるかもしれません。しかしお子様の協力なしには最適な治療を行うことはできないのです。まず私たちはクリニックに慣れていただくことからはじめます。時間をかけて、やってみせてあげて(歯科ではこれをTell show doといいます)、大人よりもゆっくり丁寧に。するとお子さんたちは、だんだんと不思議と協力的になってくれて、誰よりも大きく口を開けてくれたり、ニコニコ顔で「今日は何するの!?」と笑顔で診察室に入ってきます。
まずは来てみてご挨拶。歯医者さんにこんにちは!と言ってみましょう。
はじめはそれで合格です(笑)。





予防歯科

みなさん最近「予防」という言葉をよく耳にしませんか?歯医者さんは痛くなったら通うところ、というイメージをお持ちの方がいらっしゃるかもしれませんが、実は「予防のために通う」ことが今は最も重要なのです。

日ごろから定期的にメンテナンス(口の中全体のチェック、歯石とり、クリーニング等)をしていただいていると、お口の健康を長く保つことができます。

歯が痛くなったとき、治療を受けている期間「口の中って結構大事だなぁ」「食べられないってしんどいなぁ」「私の歯、どうなるんだろう」→→→「もういやだなぁ」と思いますよね。このように大きな不安やストレスを感じることも少なくありません。

そうなる前に!定期的にメンテナンスを受けてお口のストレスフリーを目指しませんか。

個人差はありますが、お口の中の状態がいい場合は半年に1回のペースで通院していただくだけでもOK!まずはお口の中のチェックを受けてみましょう!

治療方針

  • 1 わかり易い説明

    患者さんのご都合・ご希望を伺いながら、個人個人の最適な治療について、十分な時間をかけて説明します。
  • 2 できるだけ痛くない治療

    最新の器具・技術、最良の材料を導入し、患者さんにできるだけ痛みを感じさせない治療を目指します。
  • 3 徹底した衛生環境と質の高い丁寧な治療

    可能な限りのディスポーザブルと高圧蒸気滅菌処理の導入で、万全な院内感染防止対策をとっております。
  • 4 予防治療・歯周病治療・小児歯科治療を重要視しています

    歯を失う原因のほとんどである歯周病に対する予防治療、お子様の虫歯に対する予防治療を重要視しています。